時計のベルトは自分で交換できます

難しいことのように見えても、意外と自分でできることはたくさんあります。今使っている時計は気に入っているけれど、ベルトがボロボロになったり、他のデザインに変えたいと思ったことはありませんか。でも、交換は簡単にはできそうにないから専門店に持って行かないと無理だろうと思われているかもしれません。実は、自分で交換できます。やり方さえ知ってしまえば、決して難しいことはありません。不器用だから無理だと思っている人でさえもきっとできるでしょう。ただし、何も道具がない状態でできるわけではありません。さすがに、道具がないと交換は難しいですが、逆を言えば道具さえあれば自分でできます。だから、どんな道具が必要なのかを確かめてから自分で頑張って交換してみてください。

必要な道具と気を付けるべきポイント

まずは、どんな道具が必要なのかを確認しましょう。バネ棒外しがあれば、交換できます。これは、その名の通りでバネ棒を外すための道具です。バネ棒を外すことで、簡単に交換できます。だから、バネ棒外しを持っていない人は、購入しましょう。そして、気を付けたいポイントも頭に入れておいてください。それは、時計の足の内側を測ることです。これが、ベルト巾だからです。ぴったりのサイズを選んでください。だから、デザインが良くてもサイズが合っていなければ他のデザインを探さないといけません。以上はどちらもとても大事なポイントです。これらを頭に入れた上で交換をスタートしましょう。これらをそろえた時点で半分は交換が終わっていると言っても良いかもしれません。今度は、実際に交換しましょう。

道具を使えば短時間で交換できる

バネ棒外しがあり、サイズが合っているベルトがあれば、後はそれほど難しいことはありません。バネ棒を、バネ棒外しを使って外します。形によって多少外し方に違いはありますが、それほど難しいとは感じないでしょう。バネ棒に新しいベルトをセットして時計に取り付ければ良いだけです。細かい作業ですから、見えにくくて大変だと感じることはあるかもしれません。それ以外はあまり難しいことはないはずです。専門店に持って行かないと無理だと思っていた人も、これなら自分で交換できると思いませんか。道具はお店で購入しても良いですし、通販で購入しても良いでしょう。手に入らないことはありません。自分で交換できるので、気分転換に交換したり、ボロボロになったと思ったらすぐに交換してみてください。

当社のこだわりは、一級品とよばれる素材を手作業で製造することです。 長年愛用し続けられる皮革製品です。 トレンド情報をいち早く取り入れベルトの開発を続けます。 カミーユ・フォルネは皮革製品作りのプロフェッショナルです。 そごう横浜店や阪急百貨店うめだ本店などにCFコーナーがございます。 伝統を守り続けるため最高の製品を手作りしています。 時計ベルトのことならカミーユ・フォルネジャポン