安く時計のベルトを交換する方法とは

時計を使っていると、文字盤がひび割れたりすることもあるかもしれませんが、丈夫ですし、文字盤だけはずっと変わらずに使い続けている人は多いでしょう。問題は、ベルトです。毎日のように身に付けていると、いつの間にかかなりボロボロになってしまいます。素材にもよりますが、切れてしまいそうなほどボロボロになることもあります。ただ、あまりお金をかけられないから、新しいものを買うのはつらいかもしれません。それに、電池交換こそ自分でできないとはいえ、文字盤部分は問題なく動いているのならば、新しく買い替えてしまうのはもったいないと思うでしょう。まだまだ使えるのならば、文字盤だけはそのまま使い続けましょう。部品ごとに交換できるので、文字盤をそのまま使い続けられます。

安く交換したいなら自分で交換しよう

実は、時計のベルトは自分で交換できます。道具が必要です。バネ棒外しという道具が必要ですが、これさえあれば、自由自在に交換できると言っても良いでしょう。自分で交換しますから、手間はかかります。ただ、手間はかかっても、道具などの代金だけが必要で、他にお金を払う必要がありません。機械が苦手だから、自分では交換できないと思っていませんか。機械の部分とは無縁ですし、バネ棒外しさえあれば、それほど難しい作業でもありません。細かい作業ですから、目が疲れることはあるでしょう。あまり細かい作業をしたことがなく、慣れていない人は時間がかかる可能性もあります。そうでないならば、意外と簡単にできると思って、どんどん交換したくなるかもしれません。おしゃれを楽しむためにもこの技術を身に付けましょう。

幅を合わせて選ばないと使えないことも

バネ棒外しは問題ないでしょう。問題は、ベルトの巾です。巾が時計の足の部分の内側にすっぽりと入るかどうかを確かめてから購入してください。そうすれば、簡単に交換できます。逆に、合っていないと交換できなくなるかもしれません。今ではいろいろな素材が使われていたり、たくさんのデザインのベルトが出ていますから、いくつか買って交換してみませんか。自分で交換すれば、安上がりで済みます。だから、何本も買って、その時に着る洋服とコーディネーションしてみましょう。よりおしゃれに磨きがかかります。巾さえ間違っていなければ、良いだけです。これだけは守って自分で行ってください。作業をする時は、明るい場所で手元が良く見えるようにしながら行ったほうがスムーズに作業できるでしょう。